忌明け法要ののちにすること

無事、故人のお見送りが終わり一段落いたしますが、忌明け(きあけ・ひあけ)とその後に続く遺族が行う“つとめ”があります。
その代表的なものは法要です。そのなかでも忌空けまでのものが、故人が亡くなった日から、七日ごとに七七日つまり四十九日までの忌日に行うご供養です。その後も死者と先祖を供養するため家として行う法要があります。また四十九日後、忌明けの後の法要も年単位で行います。その代表的な“つとめ”をご紹介いたします。

法要の三つの“つとめ”

追善供養

故人の冥福を祈り、遺族が善事を行うことで、死者の浄土(極楽)への往生を助ける供養です。故人の命日に行われ、親戚など個人と関係の深い方を招いて行います。仏前に供物を供え、僧侶に読経をいただき、参会者が焼香、礼拝します。追善供養は広い意味では「毎日の供養」をさし、狭い意味では「年回忌の法要」をいいます。特に一周忌、三回忌などには、菩提寺に頼んで、読経などの供養をします。

法要名 行う時期 内容
(四十九日までの法要) 忌空けまで ※【四十九日までの法要一覧】参照
百か日忌 死後100日目 一般的には遺族で行う
一周忌 死後満1年目 自宅や菩提寺などで遺族、親族、友人などで供養する。一般的には供養の後、精進落としとして、故人をしのんで会食します
三回忌 死後満2年目
七回忌 死後満6年目 七回忌以降は少しずつ供養の規模を縮小し、招く人数も絞っていく。一般的には十三回忌以降は遺族、親族のみの供養になる
十七回忌 死後満16年目  
二十三回忌 死後満22年目  
二十七回忌 死後満26年目  
三十三回忌 死後満32年目 区切りとなる年忌法要。以降、三十七回忌、五十回忌、百回忌があるが、一般的にはここで終わる場合が多い

墓参

肉法要の後には、参会者全員でお墓に参ります。墓前におもむき、合掌礼拝し、お墓を水で清め、花や線香を供え、または灯明をあげて、焼香をします。僧侶が同行した場合は読経をお願いします。

お斎(おとき)

法要の際、墓参を終えた後、僧侶や参会者にふるまわれる食事のことをいいます。法要参会者が、故人の思い出を語り、歓談する場です。宴席の初めに遺族代表が故人のために集まってくれたかたがたに厚くお礼をのべ、会食していただくよう、あいさつします。食事の後、頃合いをみて引き出物を配ります。会場は、自宅あるいはお寺の一室、またはレストラン、料理屋などが多いようです。
お斎は精進料理がよいとされていますが、いまは別にこだわることはありません。
忌日法要・年忌法要のいずれもふるまうことが多いようです。

◇法要を行った会場でお斎をとる場合は、ほとんどが僧侶をお招きし、正客とします。正客である僧侶が仏壇を背に座ります。それ以外の会場で行う場合は、僧侶〈正客〉を中心に、参会者一同は適宜着席します。とくに席次にこだわる必要はありません〈僧侶が出席しないときは適宜、着席〉。施主・遺族は末席に座ります。

四十九日までの法要

故人が亡くなった日から、七日ごとに、初七日、二七日、三七日・・・七七日(四十九日)までの忌日があります。その日ごとに、忌空けまで、家として死者と先祖を供養するための行事を行います。

仏教では、故人が亡くなってから仏様の世界へ向かうまでを四十九日間としていますので、亡くなってからの四十九日(七七日忌)までは特に手厚く法要を行います。知人、親族が仏前に集まり、僧侶の読経の後、喪主から順の焼香を行います。その後は自宅や寺院の施設、料理店などで喪主が会食の儀 ― お斎 ― を開きます。

最近では、初七日を葬儀当日に繰り上げ同日に行ったり(付け七日)、六七日までの法要は遺族の焼香のみとして、僧侶の読経をいただく法要は七七日(四十九日)に行うことが多いようです。

49日という期間は、遺族の別れの悲しみが癒され、亡くなった方の死としっかり向き合えるようになる時間でもあります。

四十九日までの法要一覧

法要名 行う時期 内容
初七日忌
(しょなのか)
死後七日目に行うのが正式だが、葬儀当日に行う事が多い 遺族、親族、友人、知人などで供養する。読経・焼香のあとで会食をする。
二七日忌
(ふたなのか)
死後14日目 遺族のみの供。僧侶による読経および焼香は省略されることが多い。
三七日忌
(みなのか)
死後21日目 遺族のみの供。僧侶による読経および焼香は省略されることが多い。
四七日忌
(よなのか)
死後28日目 遺族のみの供。僧侶による読経および焼香は省略されることが多い。
五七日忌
(いつなのか)
(ごしちにち)
死後35日目 遺族だけで供養するのが一般的だが、忌明けとする場合は初七日同様、親族や友人、知人を招いて手厚く供養を行う。
六七日忌
(むなのか)
(ろくしちにち)
死後42日目 遺族のみの供。僧侶による読経および焼香は省略されることが多い。
七七日忌
(なななのか)
(しじゅうくにち)
死後49日目 忌明けになるので、遺族、親族、友人、知人などを招き手厚く供養する

忌明け法要

四十九日の法要

法要のなかでも「四十九日の法要」は、故人が仏様の世界へ行く期間が終わり新仏になる準備が整った意味と、遺族には死者のけがれがとれる大事な「忌明けの日」として手厚く行うのが習わしです。知人、親族が仏前に集まって僧侶に読経をしてもらったのち喪主から順に焼香をします。この日に遺骨を埋葬することもあります。 その後は自宅や寺院の施設、料理店などで喪主が会食の宴を開きます。菓子折りや、のり、お茶などを粗供養として出す事もあります。 ここでは、大切な「四十九日の法要」にむけ、遺族なさることをご紹介します。

四十九日法要の準備

法要のなかでも「四十九日の法要」は、故人が仏様の世界へ行く期間が終わり新仏になる準備が整った意味と、遺族には死者のけがれがとれる大事な「忌明けの日」として手厚く行うのが習わしです。知人、親族が仏前に集まって僧侶に読経をしてもらったのち喪主から順に焼香をします。この日に遺骨を埋葬することもあります。 その後は自宅や寺院の施設、料理店などで喪主が会食の宴を開きます。菓子折りや、のり、お茶などを粗供養として出す事もあります。 ここでは、大切な「四十九日の法要」にむけ、遺族なさることをご紹介します。

日取り・場所を決める

四十九日が平日の場合は、命日直前の休日に行うことが多いようです。法要の場所は、自宅または菩提寺で行います。菩提寺で行う場合は、ご住職と相談して日取りを決めます。

関係者に法要の連絡 ?忌明礼状

日時が決まったら、親戚関係と故人の友人関係など特にお世話になった方々を招きます。 なるべく早めに、電話またはハガキで連絡します。

法要の後の会食 -お斎- の手配

自宅で法要する場合、御霊供膳(おりくぜん)を作らない場合も、仕出し店などで作ってもらえるので、料理をあらかじめ頼んでおくとよいでしょう。

御霊供膳(おりくぜん)

御霊供膳(おりくぜん)とは、お葬式や初七日から四十九日までの一週間ごとのお参り、年忌法要などの際に、ご霊前 ・ ご仏前にお供えする小型の御膳のことを言います。
具味に就いては時候 ・ 地域等によって一定することはできませんが、魚 ・ 肉 ・ 鶏 ・ 五辛(にら・らっきょう・ねぎ・にんにく・はじかみ)などを避けて調菜料理します。

参列者へのお礼の引き物(手土産)を用意

表書きは、「祖供養」あるいは「志」とし、水引きをセットします。
※お供えを出席された方に分け、一緒に持って返っていただく場合もあります。その場合は手提げ袋など人数分を事前に用意しておき、持ち帰りに便利なようにしておくとよいでしょう。

僧侶への挨拶と謝礼(御礼、御経料)の用意

御経料(おきょうりょう)
お経をあげて頂いたことに代えてという意味合いがあり、 仏教での通夜・葬儀告別式・法要時において、寺院や僧侶に対して贈る謝礼の表書きの献辞(上書き)に用いられます。

本位牌や仏壇の用意

忌明け法要までに、塗りや唐木の本位牌を用意しておきます。忌明けを過ぎた白木の位牌は、菩提寺と相談して処置します。
仏壇のない家は、四十九日の忌明けまでに新しい仏壇を用意します。

仏壇を購入する時期

新仏の位牌を納めるために新しく仏壇を購入するという場合が多く、四十九日の忌明け前や納骨のあとすぐに仏壇を設ける場合もあります。遅くとも忌明けまでに用意したいものですが、用意できない場合は、その後の命日、お彼岸などに仏壇を購入するのがよいとされています。

仏壇購入の際の注意

仏壇には、塗り仏壇と唐木仏壇の二種類があります。塗り仏壇は主に杉材を使い、うるしや釜箔を押して豪華に仕上げます。唐木仏壇は、黒檀、カリン、桑などが材料で、釜箔などはほとんど使わす、耐久性にすぐれているのが特徴です。

仏具をそろえる時の注意点

そろえる仏具は、本尊、位牌、花立て、燭台、仏飯器、莱湯器、高杯、香炉、りんなど。 この佗に燭台と花立てをもう一墓ずつと、過去帳、経机、線香差し、火消し壷などもそろえておくようにしたいものです。 位牌が多くなった場合は、過去帳、繰り出し位牌を使います。
仏具をそろえる時は、宗派に合った仏具をそろえなければなりません。菩提寺か仏具店にご相談ください。新しいご本尊は、位牌を入れる前に僧侶に開眼供義をしてもらわなければなりません。新しくい位牌には購入した仏具店に戒名をお願いすることが多いようです。この位牌は納骨がすんだら白木の位牌と代えます。この時もご本尊の開眼と同時に入魂のお経をあげてもらいます。両方とも忌明けの法要の時にしてもらうことが多いようです。白木の位牌は、忌明け法要後、寺へ納めます。

仏壇の祀り方

ご本尊を仏壇に祀る時は、ご本尊を中心に各宗派の宗祖高祖らの画像を脇掛として左右に祀るのが一般的です。 仏壇の安置場所としては、北の方がもっとも尊い方角とされていますので、北を背にして南向きに安置されるのが良いとされていす。 場所については、居間、茶の間などの家族が心静かに拝めるところが良いでしょう。

位牌を祀る時の注意点

位牌だけを祀る時は、位牌の入る宮型の位牌入れに納めて祀るといいでしょう。その場合、新しい先祖の位牌は向って左に、古い先祖の位牌は石に置きます。

神床、神異を購入する時

神棚は世帯を分けた時から家に設けていますが、祖霊舎はその世帯のなかで人がはじめて亡くなった時に設けることが多いようす。 ご神体を納める「みたまや(神床)」にはさまざまな形式があり、一番多いのが御宮型(神明型)の神床と呼ばれるものです。
神床は、たんすの上などに置いてもかまいませんが、清浄な一区函を作れる場所でなくてはなりません。置く環所にふさわしい大きさのものを選びましょう。 神具のうち、神鏡はなくてもかまいませんが、塩や洗米を乗せる土器、水器、お神酒徳利、榊立て、灯籠などは必要です。

その他の用意

お花、線香、ローソク、お供え品、焼香などの用意をしておきます。

四十九日法要当日

法要に赴く時の服装

喪主とその家族はなるべく礼服で法要に臨むようにします。参列者は、略礼服あるいは黒っぽい服装で出席するようにします。

参列者の順位

法要の席順は、葬儀ほど神経賀になることはありませんが、目上の方、遠方の方、故人と親しかった方はなるべく上座に座っていただくようにします。 法要の進行は喪主がつとめます。

法要の進行順序

1.一同入場
2.開式の挨拶(省く場合もあります)
3.ろうそく、線香に点火
4.僧侶に合わせて、礼拝
5.読  経
6.焼  香(僧侶の指示により、参列者全員が順に行います)
7.法  話
8.閉式の挨拶ならびに会食の案内(喪主)
9.お  斎(会食)   会食には、引出物をつけるのが一般的です。
10.お開きの挨拶(代表者)

忌明け法要ののちにすること

忌明けの挨拶状・香典返し(アドバイス1)

香典をいただいた方へ忌明けのあいさつ状と共に香典返しをします。

神棚封じを解く・仏壇を開く

葬儀の時神棚にはった紙をはがします ― 神棚封じを解きます
仏壇の扉は、忌明けまでは閉じておくのがしきたりですが、忌明け後に閉じてあった仏壇の扉を開けます。その後は、朝扉を開け、夕方閉めるのが一般的です。

白木の位牌は、忌明けまでは遺影と共に祭壇に置きますが、忌明けと共に寺へ返し、代わりに塗りの位牌を入魂供義して仏壇に納めます。

毎日のお参り

・仏壇には、毎朝その日の最初のご飯をあげ、灯明をともして線香をあげ、拝みます。仏壇には季節の花を絶やさすに上げておきます。

・神棚には、米、塩、水、酒を供え、毎朝灯明をともして、お参りします。榊も絶やさないようにし、枯れてきたら新しいものと代えます。

・祖霊舎には、神棚と同じように米や水、塩と徳利に入れた酒を供える家が多いようですが、毎朝その日の最初のご飯、みそ汁、おかずに箸を添えたものと、盃に酒を入れて供える家もあります。

形見分け

遺品整理

故人の遺品で、メモや日記、手紙などの類は、いつ必要なことが起こるかも知れません。故人が日常愛用した小さな品や職場などの遺品整理はつい忘れてしまいがちです。できるだけ早い機会に遺品整理を行いましょう。

形見分けの範囲

ごく親しい近親者や親戚、友人などに形見分けをする場合が多いようです。一般に日上の人には差し上げません。日常生活でその品を愛用してもらえるよう、故人の意志をくんだ、それぞれの方にふさわしいものを選んで贈るように心がけましょう。

形見分けの時期

・仏式:四十九日の忌明けに行うのが一般的です。
・神式:五十日祭のころ。
・キリスト教:特に形見分けの習慣がありませんが、わが国では一週間後か、一か月後の召天記念日に行う場合が多いようです。形見分けは包装せずに、裸のまま渡します。その場合、その品の来歴などを添えるようにしてもいいでしょう。

※高価な遺品を形見分けとして渡す場合には、相続財産とみなされ贈与税の対象になることもありますので注意が必要です。

アドバイス

アドバイス1 「香典返し

葬儀の際に香典やお供物などを頂いたお返しとお礼の形として、香典返しを行ないます。お香典返しはこの忌明けの日の頃にお礼状とともに贈ることが多いようですが、

【即日返し】
お通夜・葬儀に弔問に訪れてくださった方々へのお礼として、香典の額に関係なく一律の物を通夜・葬儀の場でお返しするしきたりが「即日返し」(会葬品)です。 その場合でも、香典をいただいた方へは、四十九日の忌明け後に香典返しをします。一部の地域では即日返しに予算を集中して忌明けの香典返しは省く場合もあります。

【一般的な香典返しの時期】
香典返しは、葬儀や通夜で香典やお供物を頂いた方に、遺族が気持ちの上でも一段落した頃にお礼の手紙をそえて送ります。一般的には忌明けの頃に送られるようです。
なおキリスト教では、1ヶ月目の追悼ミサの頃(プロテスタントでは昇天記念日)に、神式では、五十日祭の頃に行なわれます。
※もともと香典は喪家に対して葬儀から忌明けまでの急な出費に対する扶助の意味合いがあります。一家の働き手が亡くなった場合や、両親が亡くなって子供たちだけが残された場合などは香典返しをしなくても良いとされています。必ずお礼状を出し、頂いたお香典を子供達のために役立たせて頂きますと明記します。

香典返しの目安

従来のしきたりでは「半返し」といい、もらった香典の額の半分くらいを返すのがふつうですが、最近では1/3くらいを返すことが多いようです。

香典返しの御挨拶状

香典返しは四十九日の忌明けをしたと云う知らせ、お世話になった御礼を長手紙の礼状と共に香典返しを添えて、ご香典を頂いた方々に対し贈ります。礼状などを作製する時間が要りますので早日に手配を致しましょう。

【神式】
神式では五十日祭(三十日祭)を忌明けとし、挨拶状とともに香典返しをすることが多いようです。 挨拶状では、「冥福」「成仏」「供養」「回向」「追善」などの用語は避けるようにします。 神式の香典返しの表書きは「志」です。

【キリスト教式】
一カ月後の召天記念日に納骨をすませ、その旨の挨拶を添えて、故人を記念する品物を贈る場合が多いようです。 挨拶状では「冥福」「成仏」「供義」「回向」などの仏式用語は避け、「急逝」「永別」「神のみもとに召され」などの書葉をつかいます。 表書きは「志」です。

【社葬の場合】
葬儀の費用は会社などの負担だが、香典は遺族側が受けるため、そのお返しは遺族側が行うことが一般的です。

香典返しの品物の種類と意味

・お茶(お茶を飲みながら故人を偲ぶ)
・シーツ・タオル・綿布(仏の世界へ白装束で旅立つという流れから)
・砂糖(仏の世界へ白装束で旅立つという意味と消耗品であるため、先様へ不幸が及ぶのを消滅させるという意味で利用されています)
・家庭金物(光るものが魔よけとして用いられていた風習から)
・陶器(人間土に還るという意味から)
・石けん(不幸を洗い流す)
・漆器(不幸を塗りつぶす。また二度と不幸がないように願いを込めて色直しをする)
・ハンカチ(悲しみの消をぬぐうため)

サイドメニュー

  • 斎場のご案内
  • 葬斎式場・寺院のご案内
  • 料金プラン
  • お葬式の流れ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

ブログへのリンク

お問い合わせは、電話0120-071-333、ファックス03-3713-6762。

想心クラブ会員のご案内

小さなお葬式 特約加盟店